+81-3-4578-3500
平日 午前8:30 − 午後6:00

派遣社員の給与引き上げが必要な理由

東京都の雇用市場は活況が続いており、求職者は数年前よりずっと有利な立場にあります。こうした状況は、正社員採用だけでなく、高技能の派遣社員の採用にも影響を与えています。数年前であれば、派遣社員を安価かつ簡単に確保できましたが、その頃と同じ考え方をしていては、今では人材確保に苦戦することになるでしょう。

キャリアの浅い求職者の採用
若く、キャリアの浅い求職者を見ていきましょう。比較的若手の人材を派遣ベースで採用しようとする企業は、雇用期間や、正社員転換を見越した採用かを問わず、経験が乏しいのだから給与は低くて当然だと考えているかもしれません。ところが現在、優秀な若手求職者には豊富な選択肢があり、オファーのあった複数の企業から選択できるのが当たり前です。ですから、いったん確保できても、ずっといてくれる保証はどこにもありません。彼らの元へ、はるかに高給の正社員のオファーが届くのは単なる時間の問題です。
家庭の事情など特別な理由があるのでない限り、優秀な若手は正社員の職を最優先します。そうした職のほうが、給与が高いうえキャリアアップと安定が望めます。

経験豊かな求職者の採用
では、派遣ベースでの勤務を検討する、経験豊富な求職者の場合はどうでしょうか。数年前まで派遣ベースでの採用対象とおおむね考えられていた求職者でさえ、今では正社員登用を打診されています。求職者不足に加え、年齢や転職回数に関して企業が柔軟な態度にシフトしていることもその一因です。ですから、こうした人材を確保して長期的に引き留めるには、魅力的な給与を提示する必要があります。ただ、経験豊かな人材の採用には利点もあり、高い生産性と独立心、プロ意識、忠誠心は経験の賜物と言えます(高給であることが前提)。

派遣なら給与は低くていいといまだに考えている企業は、採用に手間取り、長期的には費用も高くつくことになるでしょう。一方、高い給与を払えば、経験豊かな人材に忠誠心が生まれ、長期的な勤務が見込めるうえ、高い生産性を維持することができます。同時に、固定費の変動費化や、労働力の柔軟な調整といった恩恵も、従来通り受けることができます。