+81-3-4578-3500
平日 午前8:30 − 午後6:00

派遣社員の採用を検討する理由

企業は派遣社員からどのような恩恵を得ることができるでしょうか。

企業は新しい人材を探すとき、通常、長く働いてくれるかを重視します(定年まで勤続することを願うケースもあります)。ところが最近は、数年で転職する人が増えており、「終身雇用」は過去(あるいはきわめて伝統的な日本企業)の制度となりつつあります。

我々は、多くの企業が転職回数が多すぎるとか、キャリアを積みすぎているとか、現在失業中だからといった理由で、優秀な人材を獲得するチャンスを見過ごすのを見てきました。しかし少し頭をひねれば、優秀な人材を獲得するには、今まで考えもしなかった選択肢が数多くあることに気づくのではないでしょうか。そのひとつが派遣社員の採用です。

企業が派遣社員を採用するメリットを以下にいくつか挙げます。

企業のリスクを軽減
申し分ない求職者だと思って雇ったのに、がっかりだった経験は何度ありますか。派遣社員なら、働きぶりを実際に確認してから正社員登用を打診できるため、ミスマッチのリスクが大幅に軽減します。

時間と費用を節約
ミスマッチに付随する負担(時間と費用)に加え、派遣社員の給与計算、保険、年金などのあらゆる事務処理を担当するのは派遣会社ですので、多くの作業が不要となります。

柔軟な対応が可能
派遣社員なら、正社員の育児休暇や疾病休暇、年次休暇/長期休暇、特別プロジェクトへの参加、突然の辞職などの社内の変化、あるいは突発的な案件や変則的かつ短期的な需要の発生、季節要因による需要増大などの市場の変化に素早く順応できます。

即戦力を提供
派遣社員の採用プロセスは正社員よりはるかに短いため、ごく短期間で適材を確保できます。

特殊技能を備える
派遣社員の大半は専門的な契約社員として働いているため、特定のプロジェクトに必要な特殊技能を備えている可能性があります。また、長期休暇中の正社員の業務の穴埋めもできます。担当予定業務や類似業務を経験済みなので、訓練の必要はありません。

企業はこうしたメリットを確実に享受するために、派遣社員の採用を真剣に検討する必要があります。派遣社員は貴重な財産であるという認識に沿って、採用活動を実施し、環境を整える姿勢が企業に求められています。

こうした意識変化にはまだまだ時間がかかるかもしれません。ただ、明らかに変化は始まっています。エンワールド・ジャパンでは、難局で多くの企業を支えた多数の契約労働者と、派遣社員の価値に気付いている多くの企業を見てきました。この傾向が拡大し続けてくれればと願っています。